カイセイコラーゲン

カイセイコラーゲン   老舗製薬会社が開発したコラーゲンドリンク

カイセイコラーゲン

カイセイコラーゲンは、国内トップレベルの高純度コラーゲンを300ml(1ヶ月分)あたり、なんと38000mgも配合したコラーゲンドリンクです。

カイセイコラーゲンの開発元である回生堂は、明治22年に創業し、120年以上の歴史を誇る老舗製薬会社。カイセイコラーゲンは、長年培ってきた信頼と実績を持つ回生堂が、長期間にわたる研究によって作り上げた最上級のコラーゲンドリンクです。

製薬会社ならではの高純度コラーゲンをベースに、ヒアルロン酸やコンドロイチン、グルコサミンなど、豊富な美容成分をたっぷり配合しているため、他のコラーゲンドリンクとの差は歴然。

1日わずか10~30ml飲むだけで、1日に必要なコラーゲンをしっかり補給することができます。

カイセイコラーゲンは、使用者の89%がわずか1ヶ月以内に肌への効果を実感。競争が激しいコラーゲン業界において、リピート率69%を達成する人気の商品となっています。

製薬会社ならではの高純度コラーゲンを配合

カイセイコラーゲンでは、1本分(300ml)の中に、精製したコラーゲン原末を38000mgも含んでいます。

1日の摂取量はわずか10~30mlなので、単純に計算すると、1回分あたりのコラーゲン摂取量は約1260mg~3800mgにも及びます。

しかも、コラーゲン自体の純度が非常に高いので、効率よいコラーゲンの補給が可能。この純度の高さとコラーゲン配合量は、老舗製薬会社ならではの功績となっています。

1日の摂取量が少ないので、毎日無理なく続けることが可能。さらに、1本にたっぷり300ml入っているので、コストパフォーマンスが良いところも特徴です。

美容にうれしい成分をぜいたくに配合

カイセイコラーゲンの最大の特徴は、これだけ高純度なコラーゲンを高配合しながら、さらにぜいたくな美容成分をたっぷり配合しているところです。

回生堂では、繰り返される試作の中で、コラーゲン単体ではあまり美容効果を実感できないという結論に到達。

そこで、ヒアルロン酸をはじめとする美容成分を採用し、黄金の配合比率でブレンドすることで、コラーゲン単体だけでは得られない美肌効果を実現することに成功しました。

カイセイコラーゲンに配合されている美容成分は、ヒアルロン酸、コンドロイチン、グルコサミンなど、いずれも美容成分として名高いものばかり。

うるおいをサポートするヒアルロン酸とコンドロイチンが肌にたっぷりの水分を供給し、コンドロイチンと相性の良いグルコサミンが、その相乗効果を飛躍的にパワーアップさせます。

プラスαの果実エキスで体の健康も促進

回生堂では、カイセイコラーゲンをベースとしたコラーゲンドリンクを、全部で3種類販売しています。

3種類には、いずれも美と健康への作用が確認されている果実エキスを配合。ヒアルロン酸などの美容成分と相まって美肌への作用を高めるほか、健康増進への効果も期待することができます。

それぞれ天然果実の濃縮エキスを配合しているので、味わいはまるでフルーツジュースそのもの。美容効果だけでなく、ドリンク自体のおいしさも人気の秘密となっています。

ブルーベリー+カシス 目の疲れをいやすアントシアニンのほか、体の老化を防ぐポリフェノールが豊富に含まれています。
アセロラ 早摘みしたアセロラエキスを採用。アセロラには美白作用のほか、コラーゲンの吸収を高めるビタミンCがたっぷり含まれており、その量はレモンの約50倍に相当します。
プルーン プルーンには、女性が欠乏しやすい鉄分のほか、食物繊維やビタミン、ミネラルが豊富に含まれています。

カイセイコラーゲンの口コミ

 

(38歳/女性) 

以前、近所の方からカイセイコラーゲンの評判を聞き、調べてみたらネットの口コミもよかったので購入してみました。口コミ通り、1週間くらいで肌にハリが出て、化粧のノリがよくなり、冬のカサカサも問題なく乗り切れました。とにかくおいしく続けられるし、これまで別々に飲んでいたビタミンCもこれ1本で済んでしまうので、お財布にもやさしいです。もう4ヶ月も続けています。

 
 

(44歳/女性) 

ある日、鏡を見て目の下のたるみに気づき、コラーゲンゼリーを購入したのですが、味がない上に硬くて続けられませんでした。そんなとき、カイセイコラーゲンをネットで発見。早速3種類全部購入し、味見してみたところ「おいしい!」。その日は30mlくらい飲んだのですが、翌朝、何気なく頬をさわると、しっとりぷるんとしていて感動しました。その後も毎日20mlずつ飲み続け、自分でも違いを実感していたところ、同僚にも「化粧品変えた?」と言われましたよ。

 
カイセイコラーゲン ⇒カイセイコラーゲンの公式サイト