コラーゲンの副作用

コラーゲンに副作用はある?

コラーゲンは美容だけでなく、健康維持にも有効な物質として知られていますが、大量摂取によって副作用を起こす可能性はあるのでしょうか?

コラーゲンの1日の損失量は平均2グラム程度と言われており、1日の必要摂取量はこれを上回る5グラム程度が妥当とされています。

この量をはるかに上回るコラーゲンを摂取しても、余剰分として体外に排出されてしまうので、コラーゲンによる直接的な副作用はありません

しかし、あまり大量に摂取すると、栄養分の分解を司る腎臓に過度な負担がかかってしまうおそれがあります。よって、コラーゲンにかかわらず、何事も摂取しすぎは良くないと言えるでしょう。

コラーゲンの原料に注意

上記でコラーゲン自体に副作用はないと述べましたが、摂取するコラーゲンの原料によっては危険性をはらんでいるものもあります。

コラーゲンは主に牛や豚、植物などから摂取されますが、このうち、牛由来のコラーゲンには狂牛病の問題が指摘されています。

狂牛病問題が指摘されて以来、コスメなどでは牛由来のコラーゲンは規制される方向にありますが、コラーゲンを摂取する場合は、念のため原料に注意するよう心がけましょう。

最近では動物性コラーゲンだけでなく、海洋性コラーゲンや植物性コラーゲンなど、安全性が高いコラーゲンも開発されています。

コラーゲン注射の危険性

コラーゲン注射とは、その名の通り、皮下組織に直接コラーゲンを注入する方法です。

直接体内にコラーゲンを注入する方法は、食品から摂取する場合に比べて非常に美肌効果が高く、しわ・たるみ解消法として注目を集めています。

ただし、直接体内に注入するぶん、アレルギー反応を起こす危険性も無視できません。

コラーゲン注射は、同様の美容法であるヒアルロン酸注射に比べ、アレルギー反応が起こりにくいとされていますが、それでもコラーゲン注射によって赤みや腫れ、湿疹、かゆみなどのアレルギー症状がみられた例が報告されています。

そのため、コラーゲン注射の前にはアレルギーテストが行われることがほとんどですが、テストで陽性だった方はもちろん、もともとアレルギー体質の方や、妊娠している方、授乳中の方など、デリケートな状態にある方は、コラーゲン注射は控えた方が賢明です。

アスタリフトコラーゲン≪公式≫

笑顔咲く、コラーゲン!通販限定コラーゲンドリンク初回半額・送料無料
fujifilm.jp

《すっぽん小町》公式サイト

TVで話題のぷるぷるコラーゲンサプリ「すっぽん小町」初回送料無料
www.teinei.co.jp

≪最大45%OFF≫天使のララ

≪大幅値下げ≫驚異のリピート率!天使のララの初回お試しはこちら
emi-net.co.jp