コラーゲン鍋の作り方とレシピ

女性に人気のコラーゲン鍋

最近、女性たちの間で話題を呼んでいるのが『コラーゲン鍋』です。

コラーゲン鍋とはその名の通り、コラーゲンを摂取するために最適な鍋料理のことで、材料には鶏やあんこう、ふかひれなど、コラーゲンが多く含まれている食材が使用されます。

コラーゲンを食品から摂取する場合は煮込み料理が適しているため、鍋料理はコラーゲン摂取には最適な料理法と言えます。

さらに、鍋料理にはたくさんの野菜も入るので、コラーゲンの吸収率を高めるビタミンCや鉄分も同時に摂取することができます。

中に入れる食材を変えれば、いろいろなバリエーションを楽しめるというところも鍋料理ならではのメリットと言えるでしょう。

コラーゲン鍋の作り方とレシピ

コラーゲン鍋は近年、お店の人気メニューのひとつとしても取り上げられていますが、もちろん自宅で作ることも可能です。

お店ではふかひれや牛テールなど、家庭ではあまり一般的ではない食材が使われることが多いですが、家庭で作る場合は、スーパーでも手に入りやすい鶏の手羽先などが主に使用されます。

ここでは、家庭で簡単に作れるコラーゲンの作り方の一例を紹介します。

鶏の手羽先のコラーゲン鍋

材料(鍋2回分)

スープの材料

  • 手羽先12本(約700g)
  • 長ネギの青い部分2本分
  • ショウガ1個
  • 水2リットル
  • 日本酒大さじ3

鍋の材料

  • しゃぶしゃぶ用の豚肉
  • 長ネギの白い部分(千切り)
  • 水菜
その他、お好みの材料を入れる。

1.材料をすべて鍋に入れ、強火で沸騰させます。アクが出てきたら、こまめに取り除きます。

2.アクが出なくなったら、弱火にして90分ほど煮込みます。このとき、鍋にフタをすると、蒸気に混じった嫌な匂いがスープに残ってしまうので、フタをせずに煮込みます。

3.最初は無色に近いスープが、煮込んでいくうちに白濁してとろみが出てきます。ここで火を止め、ザルでスープをこします。

4.別の鍋に、必要な分だけスープを入れます。その後、鍋の材料を入れ、スープに醤油と塩少々で味をつけて煮込んだら完成です。そのまま食べても、ポン酢で食べてもおいしくいただけます。

スープが残ったら、冷凍保存しましょう。冷凍するとぷるぷるのゼラチン状になりますが、再び加熱すればスープに戻ります。

市販のコラーゲン鍋の素も活用しよう

近年のコラーゲン鍋の人気により、現在はコラーゲン鍋の素も市販されています。

市販の素を使えば、スープ作りの手間が省けるので、自宅で簡単にコラーゲン鍋を楽しむことができます。

1回分使い切りタイプもあれば、数回分が瓶詰めになっているものもありますので、用途に応じて使ってみるのもよいでしょう。

アスタリフトコラーゲン≪公式≫

笑顔咲く、コラーゲン!通販限定コラーゲンドリンク初回半額・送料無料
fujifilm.jp

《すっぽん小町》公式サイト

TVで話題のぷるぷるコラーゲンサプリ「すっぽん小町」初回送料無料
www.teinei.co.jp

≪最大45%OFF≫天使のララ

≪大幅値下げ≫驚異のリピート率!天使のララの初回お試しはこちら
emi-net.co.jp