コラーゲン吸収の過程

コラーゲンを効率的に摂取しよう

コラーゲンは加齢とともに体内生産量が衰えるため、年齢を経るとともに外部から積極的に摂取する必要があります。

コラーゲン摂取の方法としては、食品やサプリメントからの補給が一般的ですが、ここで注意しなければならないのは、摂取したコラーゲンがそのまま体内で働くとは限らないということです。

食品やサプリメントとして摂取されたコラーゲンは、体内で一度分解され、あらためて吸収されますが、この分解・吸収の過程に不備があると、コラーゲンとしてうまく摂取されない可能性があります。

コラーゲンを摂取する場合は、摂取量だけでなく、体内吸収率を高めることも忘れないようにしましょう。

コラーゲン吸収までの過程

コラーゲンを含むたんぱく質は、基本的に体内で消化される際、単アミノ酸や2~3個程度のアミノ酸ペプチドにまで分解されてから吸収されます。

アミノ酸はさまざまなたんぱく質を構成する主原料であるため、一度アミノ酸に分解されてしまうと、不足しているたんぱく質に優先的に送り込まれてしまいます。

そのため、最初はコラーゲンとして摂取しても、必ずしも最終的にコラーゲンに合成されるわけではないのです。

よって、コラーゲンとして摂取したものをコラーゲンとして合成させるためには、普段から良質なたんぱく質を補給し、コラーゲンが他のたんぱく質に回らないよう注意する必要があります。

コラーゲンの吸収率を高めるには

コラーゲンの体内吸収率を高めるには、コラーゲンとともにビタミンCや鉄分を一緒に摂取すると効果的です。

ビタミンCや鉄分が不足していると、コラーゲンは不完全な状態となり、体内で正常な働きを行うことができなくなります。

コラーゲンをしっかり、効率的に機能させたい場合は、ビタミンCと鉄分の摂取が不可欠と言えるでしょう。

よって、コラーゲンを摂取する際は、サプリメントなら鉄分やビタミンC配合のものを、食品ならフルーツなどと一緒に摂取するとコラーゲンの吸収率を高めることができます。

ただし、フルーツは果糖が多いので、食べ過ぎると糖分の過剰摂取となります。余分な糖分はコラーゲンの生成を妨げるので、糖類の過剰摂取には気をつけるようにしましょう。

アスタリフトコラーゲン≪公式≫

笑顔咲く、コラーゲン!通販限定コラーゲンドリンク初回半額・送料無料
fujifilm.jp

《すっぽん小町》公式サイト

TVで話題のぷるぷるコラーゲンサプリ「すっぽん小町」初回送料無料
www.teinei.co.jp

≪最大45%OFF≫天使のララ

≪大幅値下げ≫驚異のリピート率!天使のララの初回お試しはこちら
emi-net.co.jp