低分子コラーゲン

コラーゲンは吸収率が命

食品やサプリメント、コスメなどの摂取法にかかわらず、コラーゲン摂取にとって最も大切な要素は体内への吸収率です。

どんなにたっぷりのコラーゲンを経口あるいは間接摂取したとしても、体内にしっかり吸収されなければ、体の中でコラーゲンとして働くことはできません。

食品に含まれるコラーゲンを例に挙げると、コラーゲンはいくつものアミノ酸が鎖状に長くつながったものがらせん状に絡まることで存在しています。

このときの分子量は約30万個と言われており、分子量が大きすぎるため、肌から吸収されにくく、体内においても分解されにくい傾向にあるのです。

そのため、コラーゲンを含む食品を摂っても、そのすべてが吸収されるとは限らず、はっきりとした効果を感じるまでには非常に長い時間がかかってしまいます。

低分子コラーゲンの特徴

そこで生まれたのが、低分子コラーゲンです。

低分子コラーゲンは、その名の通り、コラーゲンの分子量を小さく改良したもので、従来のコラーゲンに比べて体内吸収率が高いところが特徴となっています。

近年発売されるコラーゲンはそのほとんどが低分子化されていますが、低分子コラーゲンに対する明確な定義はなく、分子量の上限も定まっていません。

しかし、低分子コラーゲンを採用している商品を見ると、そのほとんどが分子量8000以下のものが多く、低分子コラーゲンのひとつの目安になっています。

分子量は小さければ小さいほど良い?

低分子コラーゲンは、分子量が大きすぎて吸収されづらいコラーゲンに高い吸収性を持たせた画期的なコラーゲンですが、では、分子量の小ささと吸収率の高さは比例するのでしょうか?

一般的に、低分子コラーゲンは、分子量が小さければ小さいほど吸収率が高くなる傾向にありますが、逆に、あまりに小さすぎると吸収率が落ちることが判明しています。

そのため、最近のコラーゲン製品では、ただ小さくするということに固執せず、最も優れた体内吸収率を持つ分子量を研究し、配合するようになっています。

アスタリフトコラーゲン≪公式≫

笑顔咲く、コラーゲン!通販限定コラーゲンドリンク初回半額・送料無料
fujifilm.jp

《すっぽん小町》公式サイト

TVで話題のぷるぷるコラーゲンサプリ「すっぽん小町」初回送料無料
www.teinei.co.jp

≪最大45%OFF≫天使のララ

≪大幅値下げ≫驚異のリピート率!天使のララの初回お試しはこちら
emi-net.co.jp