コラーゲンが不足するとどうなる?

コラーゲン不足による体への影響

コラーゲンは、20歳代前半までは体内で一定量を保って合成生産されるため、若い内はコラーゲン不足に悩むことはほとんどありません。

しかし、20代前半を過ぎると、コラーゲンの体内生産量が減少し始め、徐々にコラーゲンの体内含有量が少なくなってしまいます。

コラーゲンは体内にあるたんぱく質の約3割を占める重要な物質なので、コラーゲンが不足すると、体のあちこちにさまざまな影響があらわれるようになります。

そのため、20代後半になったら、食品やサプリメントから意図的にコラーゲンを摂取する必要があります。

ここでは、コラーゲン不足による体への主な影響を説明します。

美容への影響

コラーゲンは皮膚の他にも、髪や爪などを構成しています。

そのため、コラーゲンが不足すると、肌のハリや弾力が失われ、しわやたるみなどが目立つようになります。

さらに、髪がやせて細くなり、コシがなくなるため、髪全体のボリュームが低下してしまいます。

また、爪が欠けたり割れやすくなったりするので、ネイルなどのおしゃれをしづらくなる傾向にあります。

これらの症状は老化現象のひとつとしてとらえられていますが、実際は老化によるコラーゲン不足が大きな原因のひとつになっていると言えるでしょう。

健康への影響

コラーゲン不足は美容面だけでなく、やがて健康にも悪影響を与え始めます。

その代表的な例は、膝や腰などの関節痛です。骨と骨の間には軟骨が存在しており、曲げたり伸ばしたりするときの緩衝剤として働いていますが、軟骨がすり減ると摩擦による関節痛が起こるようになります。

軟骨はその50%がコラーゲンでできているため、老化によってコラーゲンが不足すると、膝痛や腰痛が起こり、歩行や昇降運動が困難になってしまいます。

そのほか、コラーゲンは血管や歯茎の原料にもなっているため、コラーゲンが減少すると、歯茎が衰えて歯周病の原因となったり、血管の老化による動脈硬化が起こりやすくなります。

特に動脈硬化は脳卒中や心筋梗塞などの重疾患の原因となるので、コラーゲン不足が生命に関わる可能性もあるのです。

アスタリフトコラーゲン≪公式≫

笑顔咲く、コラーゲン!通販限定コラーゲンドリンク初回半額・送料無料
fujifilm.jp

《すっぽん小町》公式サイト

TVで話題のぷるぷるコラーゲンサプリ「すっぽん小町」初回送料無料
www.teinei.co.jp

≪最大45%OFF≫天使のララ

≪大幅値下げ≫驚異のリピート率!天使のララの初回お試しはこちら
emi-net.co.jp