コラーゲンを多く含む食材

コラーゲンをたっぷり含んでいる食材

コラーゲンはゼラチン質に多く含まれているため、基本的にゼラチンを含む食材を選ぶと効率的に摂取できます。

代表的な食材としては、フカヒレや牛すじのほか、豚足、手羽先、鶏軟骨、うなぎ、鶏皮、 なまこ、かれい、サザエなどに多く含まれています。

フカヒレや豚足、なまこなどに関しては、地域によって日常的に摂取できる食材とは言い難いですが、鶏皮や手羽元、かれいなど、入手しやすい食材も含まれていますので、食生活に上手に取り入れていきましょう

また、食材そのものを食べなくても、豚骨で出汁をとったラーメンやフカヒレスープなどでもコラーゲンを摂取することができます。

ビタミン、鉄分を同時摂取してさらに吸収率アップ

コラーゲンは、ビタミンCや鉄分と同時に摂取すると、体内吸収率が高まります。

そのため、コラーゲンを含む食事には、ビタミンCや鉄分を多く含んだ食材を取り込むとより高い効果を期待することができます。

ビタミンCは緑黄色野菜や果物などに多く含まれていますが、中でもアセロラやいちご、柿、レモン、ブロッコリー、ピーマン、カボチャなどが特にビタミンC含有量の高い食材として知られています。

一方の鉄分は、レバーや青魚、貝類、海藻類に含まれているほか、ほうれん草やニラなどの葉野菜、大豆やゴマなどにも豊富に含まれています。

ビタミンCは肌の美白作用に、鉄分は貧血防止にも効果的なので、コラーゲンの吸収率アップ以外にも、女性にとってうれしい栄養分と言えるでしょう。

大量摂取に注意

コラーゲンを多く含む食材には、フカヒレや豚骨ラーメンなどおいしいものも多いのですが、コラーゲン摂取のためとこれらの食材を過剰に摂取すると、高カロリーになって美容や健康を損ねる可能性があります。

また、コラーゲンの1日の摂取目安量は3g~10gと言われており、これを大きく上回る量を摂取しても、余剰分として排泄されてしまいます。

コラーゲンにばかり気を取られていると、他の栄養分が足りなくなる可能性もあるので、コラーゲンを食事に取り入れる場合は、適量とバランスの良い食事を心がけるようにしましょう。

アスタリフトコラーゲン≪公式≫

笑顔咲く、コラーゲン!通販限定コラーゲンドリンク初回半額・送料無料
fujifilm.jp

《すっぽん小町》公式サイト

TVで話題のぷるぷるコラーゲンサプリ「すっぽん小町」初回送料無料
www.teinei.co.jp

≪最大45%OFF≫天使のララ

≪大幅値下げ≫驚異のリピート率!天使のララの初回お試しはこちら
emi-net.co.jp