コラーゲンの効果・効能

コラーゲンの持つ効果・効能

コラーゲンが肌の弾力やツヤ、ハリのもとになっていることは広く知られており、 アンチエイジングコスメなどにも多用されています。

しかし、コラーゲンは肌だけでなく、じん帯や腱、軟骨などにも含まれているため、単に肌を若返らせるだけでなく、体内であらゆる働きを行っています。

ここでは、コラーゲンの効果・効能について紹介します。

美肌効果

私たちが普段『肌』と呼んでいる表皮は、その下にある真皮によって支えられています。

この真皮を構成している成分のひとつがコラーゲンです。そのため、コラーゲンが不足すると、真皮がしぼみ、表皮を支えられなくなって、しわやたるみの原因となってしまいます。

コラーゲンを摂取すれば、真皮は常に一定の状態を保つことができ、しわやたるみを予防し、ハリやツヤのある肌を維持することができます。

アトピー性皮膚炎への効果

アトピー性皮膚炎は、遺伝や生活環境など、さまざまな原因が複合することによって起こる皮膚病のひとつですが、その原因の根底に免疫力の低下が挙げられます。

免疫力とは、白血球が持つ古い細胞や毒物などの消化能力のことですが、この能力が衰えていると、皮下組織に毒物が蓄積され、アトピー性皮膚炎が起こってしまうのです。

しかも、この状態が長く続くと、毒物を取り込んだ白血球から『コラーゲン溶解酵素』が大量に分泌され、皮下組織のコラーゲンが溶かされて炎症が悪化してしまいます。

コラーゲンが減少すればするほどアトピー性皮膚炎は悪化する傾向にあるため、積極的なコラーゲンの摂取が推奨されます。

関節痛の予防

コラーゲンは、骨と骨の間のクッション材として存在する軟骨の主成分のひとつです。

軟骨は骨と骨の摩擦を防ぐ役割があり、関節の動きをなめらかにし、スムーズな動作を可能にする働きを持っています。

そのため、軟骨がすり減ると、骨と骨の摩擦が強くなり、関節痛や腰痛を引き起こす原因となります。

コラーゲンは軟骨の実に50%を占めており、関節痛の予防に大きく貢献しています。

動脈硬化の予防

コラーゲンは体内を走る血管を構成している物質のひとつです。

そのため、コラーゲンを補給すると、血管が強化され、動脈硬化やそれにともなう生活習慣病の予防につながります。

アスタリフトコラーゲン≪公式≫

笑顔咲く、コラーゲン!通販限定コラーゲンドリンク初回半額・送料無料
fujifilm.jp

《すっぽん小町》公式サイト

TVで話題のぷるぷるコラーゲンサプリ「すっぽん小町」初回送料無料
www.teinei.co.jp

≪最大45%OFF≫天使のララ

≪大幅値下げ≫驚異のリピート率!天使のララの初回お試しはこちら
emi-net.co.jp