1日に必要なコラーゲンの量

1日の消費量を上回るコラーゲンを摂取する

コラーゲンは代謝によって常に新しく生まれ変わっており、若い内は消費量と生産量が一定のバランスを保っています。

しかし、加齢によってコラーゲン生産量が低下すると、消費量に対して生産量が追いつかなくなり、体内のコラーゲン量がどんどん減っていってしまいます

コラーゲンの生産量は20代前半を境に下降し始めるので、20代後半にさしかかったら、1日の消費量を上回るコラーゲンを外部から摂取するよう心がけましょう。

1日に必要なコラーゲンの量

コラーゲンの消費量は個人差がありますが、1日あたりおよそ2gが消費されると言われています。

そのため、1日に必要なコラーゲン摂取量は、3g~10g程度が目安と言えるでしょう。

3g~10gというとごくわずかな量と思われがちですが、コラーゲンは食品やサプリメントとして摂取しても、そのすべてがコラーゲンとして働くわけではありません。

そのため、実際にはかなり意識的にコラーゲンを摂取しないと、1日の消費量を上回ることは難しいと言えるでしょう。

基本は食事による摂取から

現在はサプリメントやドリンクなど、コラーゲンを手間なく摂取できるアイテムが多数発売されています。

しかし、サプリメントやドリンクに頼りがちな食生活を送ると、コラーゲンだけでなく、他の栄養分を不足するおそれがあります。

栄養不足に陥っていると、コラーゲンを摂取しても、分解・吸収の過程で他のたんぱく質に合成される可能性が高くなるので、基本はバランスの良い食生活を心がけるようにしましょう。

コラーゲンは魚の頭や鶏皮のほか、牛すじやフカヒレなどのゼラチン質の食材に多く含まれます。また、最近ではコラーゲンを配合した『コラーゲン鍋』などが市販されていますので、上手に取り入れてみるのもよいでしょう。

その上で、不足分をサプリメントやドリンクなどで不足分を補う方法がベストな方法と言えます。

たくさん摂るほど効果的?

上記でコラーゲンの1日の摂取目安量は3g~10gと述べましたが、では、これを上回る量を摂取した場合、どうなるのでしょうか?

コラーゲンはもともと体内生産される物質なので、過剰摂取による副作用などの例は報告されていません

しかし、コラーゲンはたくさんあれば良いというものではなく、コラーゲンと他の物質が適度なバランスを保っていることが大切です。

そのため、コラーゲンを大量に摂取しても、余剰分は尿として排泄される運命にあります。

むしろコラーゲンを大量摂取すると、腎臓に負担をかけるおそれがありますので、摂取量は適量を守るようにしましょう。

アスタリフトコラーゲン≪公式≫

笑顔咲く、コラーゲン!通販限定コラーゲンドリンク初回半額・送料無料
fujifilm.jp

《すっぽん小町》公式サイト

TVで話題のぷるぷるコラーゲンサプリ「すっぽん小町」初回送料無料
www.teinei.co.jp

≪最大45%OFF≫天使のララ

≪大幅値下げ≫驚異のリピート率!天使のララの初回お試しはこちら
emi-net.co.jp