コラーゲンとは

コラーゲンってどんな物質?

コラーゲンとは、人間を含む動物の体内で、最も多く存在しているたんぱく質の一種です。

コラーゲンは体内のいたるところに存在しており、表皮の下にある真皮をはじめ、じん帯や腱、骨、軟骨などを構成する成分として知られています。

ヒトにおいては、全たんぱく質の約3割を占めているため、コラーゲンが与える影響は非常に大きなものとなっています。

コラーゲンは体内で働く以外にも、私たちの生活のさまざまなシーンで活躍しており、食品に使われるゼラチンや、化粧品、医薬品などにも使用されています。

コラーゲンの種類とそれぞれの働き

コラーゲンと一言にいっても、その実態はひとつではなく、さまざまな種類のコラーゲンが存在しています。

現在わかっているだけでも、ヒトに存在しているコラーゲンは30種類以上あると報告されており、それぞれのコラーゲンはその性質や働きによって区分されています。

このうち、一般的に知られているのはⅠ型~Ⅳ型コラーゲンであり、化粧品や医薬品においても、この4種類のうちどれかを補充する目的の商品が主要となっています。

Ⅰ型コラーゲン 線維性コラーゲンのひとつで、ヒトの体内で最も多く存在しています。骨に弾力性を持たせるほか、皮膚の真皮にも非常に多く含まれており、皮膚の強さや弾力を生み出す作用があります。
Ⅱ型コラーゲン 線維性コラーゲンで、主に軟骨に含まれています。Ⅱ型コラーゲンが不足すると、関節痛の原因となります。
Ⅲ型コラーゲン Ⅰ型コラーゲンと共存しているケースが多い線維性コラーゲンです。細網線維(さいもうせんい)と呼ばれる網目状の構造を形成する性質を持っており、細胞の足場を作っています。
Ⅳ型コラーゲン 非線維性コラーゲンです。上皮細胞層と間質細胞層の間に存在する基底膜に多く含まれており、上皮細胞の足場として機能しています。

コラーゲンは加齢によって減少する

体内で非常に重要な役割を担っているコラーゲンは、本来体内で合成生産される物質です。

しかし、コラーゲンの体内生産量は20歳代前半を境に下降し始め、60歳代になると、生まれた時の約3分の1にまで減少すると言われています。

コラーゲンが不足すると、シワやたるみなどの肌トラブルが起こりやすくなることは知られていますが、そのほかにも、関節痛や骨の衰えなど、健康面にも大きな影響を及ぼし始めます。

よって、健康と美容の両面を維持したいなら、コラーゲンが減り始める20歳代を過ぎた頃から、積極的にコラーゲンを摂取する必要があると言えるでしょう。

アスタリフトコラーゲン≪公式≫

笑顔咲く、コラーゲン!通販限定コラーゲンドリンク初回半額・送料無料
fujifilm.jp

《すっぽん小町》公式サイト

TVで話題のぷるぷるコラーゲンサプリ「すっぽん小町」初回送料無料
www.teinei.co.jp

≪最大45%OFF≫天使のララ

≪大幅値下げ≫驚異のリピート率!天使のララの初回お試しはこちら
emi-net.co.jp