動物性コラーゲン

動物性コラーゲンとは

動物性コラーゲンは、コラーゲンの中でも最も歴史が古いコラーゲンの一種です。

別名『アニマルコラーゲン』とも呼ばれ、その原料は牛や豚、鶏などの動物性たんぱく質が主となっています。

熱に強いため、加工しやすいという特徴があり、昔からゼラチンや化粧品などに使われてきました。

しかし、使いやすい反面、濃度が高くなるとコラーゲン特有の臭いが強くなる上、近年ではその安全性についても疑問視する声が上がっており、健康食品やコスメでは植物性コラーゲンやマリンコラーゲンに移行されつつあります。

また、動物性コラーゲンにはコラーゲンの他にも、脂質やカルシウムなどの成分も含まれているため、コラーゲンとして見た場合、純度はさほど高くないと言えるでしょう。

動物性コラーゲンの体内吸収率

動物性コラーゲンの原料である牛や豚の体温は人間よりも若干高く、37~38℃が平熱です。

そのため、動物性コラーゲンは36℃前後が平熱である人間の体内では消化されにくく、吸収にもおよそ4~5時間ほどの時間を要します。

また、動物性コラーゲンの繊維は構造が複雑なのでますます分解されにくく、消化吸収の際、胃腸に負担がかかってしまうおそれもあります。

総合的に見て、動物性コラーゲンは体内に吸収されにくく、即効性はあまり期待できないでしょう。

動物性コラーゲンの安全性

動物性コラーゲンは豚や鶏などを原料としていますが、以前は牛由来のコラーゲンが最も流通していました。

しかし、アメリカを発端とするBSE(狂牛病)問題が発生し、2001年、日本でもBSEの発生が確認されたことから、急遽、牛由来のコラーゲンへの規制が敷かれることとなりました。

そのため、現在では牛由来のコラーゲンは使用されておらず、現在は主に豚や鶏由来のコラーゲンが使われています。

今のところ、豚や鶏由来のコラーゲンは安全と言われていますが、たとえば飼育の際、抗生物質などを与えられて育った豚や鶏のコラーゲンには、薬剤が残留しているおそれがあります。

動物性コラーゲンを使用する際は、トレーサビリティ(生産情報)をきちんと確認できる商品を選ぶようにしましょう。

アスタリフトコラーゲン≪公式≫

笑顔咲く、コラーゲン!通販限定コラーゲンドリンク初回半額・送料無料
fujifilm.jp

《すっぽん小町》公式サイト

TVで話題のぷるぷるコラーゲンサプリ「すっぽん小町」初回送料無料
www.teinei.co.jp

≪最大45%OFF≫天使のララ

≪大幅値下げ≫驚異のリピート率!天使のララの初回お試しはこちら
emi-net.co.jp